*

2016年、第92回箱根駅伝予選会のレース展開

公開日: : 最終更新日:2016/05/18 スポーツ


2016年1月2日、3日の2日間にかけて行われる、第92回箱根駅伝の予選会が10月17日に行われました。
予選会は雨が降る中行われましたが、各校から選ばれた選手が健闘し、予選会を通過した10校が発表されました。

 

予選を通過するための条件、各校上位10名の合計タイムをどれだけ早くできるのか。
各校が予選突破を狙い戦略を立てる中、10位争いはとても激しい戦いとなりました。
予選会での各校の戦いぶりについてみていきたいと思います。

 

hakone2016-11

第92回箱根駅伝予選会のレース展開は?

2015年10月17日(土)、午前9時35分に49校、577名の選手が一斉にスタートしました。

 

3km付近でダニエル・ムイバ・キトニー選手(日本大学)が前に出ます。

 

5km地点でダニエル・ムイバ・キトニー選手が単独で先頭となり、2位集団に約17秒の差をつけ引き離しました。

 

10km地点でのチーム順位は、順天堂大学がトップ。続いて中央大学、拓殖大学、日本大学、帝京大学、神奈川大学、東京農業大学、法政大学、國學院大學、上武大学と並びます。
10位以降は、専修大学、国士舘大学、東京国際大学、日本体育大学、亜細亜大学、創価大学と続きました。
スポンサードリンク


 

 

15km地点で、日本大学のダニエル・ムイバ・キトニー選手と2位の集団との差は1分以上ついていました。
この時点での総合順位は順天堂大学がトップ。続いて日本大学、帝京大学、拓殖大学、神奈川大学、中央大学、国士舘大学、法政大学、日本体育大学、國學院大學と続きます。
そして15km地点で総合順位10位となった國學院大學に、4秒遅れで上武大学と東京国際大学が続きます。
この時点での国士舘大学は総合7位。予選会通過となる10位までの余裕は1分21秒ありました。

 

17.5km地点で、國學院大學は総合12位となり、国士舘大学も9位に落ちてしまいます。
この時点での総合順位は、日本大学、帝京大学、順天堂大学、神奈川大学、拓殖大学、日本体育大学、法政大学、中央大学、国士舘大学、東京国際大学と並びます。
この地点で10位となった東京国際大学に続き、11位には上武大が続きますがその差はわずか10秒でした。
国士舘大学と上武大学との差は52秒で、残り2.5kmを一人の選手が約2秒はやく走れば上武大学と逆転でき、10位に入ることが可能な状況でした。

 

トップを独走していたダニエル・ムイバ・キトニー選手がゴールした後は、拓殖大学・東京国際大学・中央大学の選手が続いてゴールしました。

 

20kmゴール時点での総合順位は、日本大学、帝京大学、順天堂大学、神奈川大学、拓殖大学、法政大学、中央大学、東京国際大学、上武大学と並びました。
以降10位とわずか10秒差で11位に国士舘大学、東京農業大学、國學院大學、創価大学、専修大学と続きました。

 

最初に予選通過条件の10人の選手がそろったのは、予選会を通過し見事総合2位となった帝京大学でした。

 

国士舘大学の選手は、1時間01分42秒で10人目の選手がそろいます。それから遅れること32秒、上武大学の10人目の選手がそろい、上武大学は総合10位となりました。

 

総合タイムで国士舘大学と上武大学との差はわずか10秒となり、選手1名あたり1秒の差が予選会の通過と落選を分ける結果となりました。

 

国士舘大学はレース終盤に順位を落とし、9位の東京国際大学と10位の上武大学に逆転を許す形となり、総合11位で本大会への出場権を獲得することができませんでした。

 

箱根駅伝予選会2016残り5キロ地点から観戦

予選会、レース展開のまとめ

49校から出場できるのはわずか10校のみという条件の中で、各校の激しい戦いが行われました。
連続出場を勝ち取るため、コースの下見を行うなど、日々の練習でも1秒の重みを意識して本番に臨んだチームもあったようです。

 

初出場をきめた東京国際大学の選手たちは、ゴール手前でチームメイトが掲げるボードを目にしたことも後押しし、9位入賞へつながったともいえそうです。そのボードには、「15km地点で12位。10位の國學院大學との差は4秒」と書かれていたということです。このメッセージを受け取った選手たちは、「あと4秒の差を埋めることができれば、10位以内に入り、本大会出場へ進むことができる!」と初出場を達成するため、ラストスパートで力を振り絞ったのではないでしょうか。
この点では、10人がほぼ想定内のタイムでゴールできるのではないか、と予想し個人のタイムを気にしていたチームとは、選手の意識に大きな差があったといえそうです。
沿道のチームメイトから受け取ったバトンをうまくゴールまでつなぐことができた結果、勝ち取ることができた「選手全員の気持ちがつまった本大会への出場権」といえるのではないでしょうか。

 

各強豪校も、もちろん力を抜くことなく全力であったと思いますが、走っている選手だけが駅伝の主役ではありません。駅伝は1人だけの競技ではなく、チーム戦です。競技で実際に走っている選手はもちろん、応援する側にまわったチームメイトとのやり取りも、今回の予選会では明暗を分けた戦いであったといえそうです。

 

各計測地点で各校の順位が前後する中、冷静に状況を判断し、的確な指示やアドバイスを送り、チームメイトとの絆がどれほど深く、各選手の背中を押す原動力になるのかどうか。
選手の力量だけでは測れない、チーム戦ならではの適応力と総合力が試された予選会であったといえるのではないでしょうか。


スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

知らなかった!産後直後に襲ってくる【後陣痛】ってなに?!

出産後、「後陣痛」というものがあることはご存知でしょうか。

子育てママは気になった!赤ちゃんの基本をリサーチ!!

赤ちゃんが生まれた方、もうすぐ生まれる方、はじめての育児に戸惑っている

産後の体重どうなった?太る人や痩せる人の違いって?!

出産後、ママの身体は大きく変化しています。 そんな中妊娠中に増えた体

産後の生理再開はいつ?生理不順について知りたい!!

産後、いつから生理が再開するのか気になりますよね。 「正直なところ、

産後の基本的な過ごし方とは?

出産という大きな役割を終えた後は、しっかり休んでおく必要があります。

→もっと見る

PAGE TOP ↑