*

大人の下痢・嘔吐について調べました!

公開日: : 最終更新日:2016/05/18 病気


冬になると増えてくる風邪。
何といっても辛いのは、下痢や嘔吐の症状ですよね。
このページは大人に対する下痢、嘔吐の基礎知識、原因、症状、対処法や予防策をお伝えします。
正しい知識を学んで健康的にこの冬を乗り越えましょう!

スポンサードリンク


 

 

基礎知識

嘔吐、下痢は身体、心の異変を知らせてくれるものです。
身体のサインとして細菌が原因となる細菌性腸炎と、ノロ・ロタウイルスなど毎年冬に流行して騒がれるウイルス性腸炎とがあります。
どちらも嘔吐、下痢を伴うもので、感染します

 

心のサインとしてはいわゆる「ストレス」と呼ばれるもの。
では具体的にどのような原因によって起こるのでしょうか?

 

001

原因

下痢・嘔吐の原因は様々です。
大きく分けて、食べすぎ、飲みすぎ、ストレス、食中毒、ウイルス、病気などによる原因によって起こることが多いようです。

 

ストレスによっては不安や緊張が長く続くと自律神経のバランスが乱れ胃の粘膜を刺激して吐き気や嘔吐などを引き起こします
食中毒は腐った食品や毒性のある食品、また魚介類に生息するノロウイルス、生肉などに生息するO157(病原性大腸菌)などを取ることによって引き起こします。
また、病気の症状の一つとして引き起こされることもあり、胃潰瘍・十二指腸潰瘍・胃癌・急性胃炎などの病気のサインでもあるので、原因をしっかり知ることは大切ですね。

 

002

症状

突然の腹痛で始まることが多く、その後下痢や嘔吐という症状が見られます
だいたい1日くらいから長くて2、3日くらいムカムカ、胸やけ、下痢・嘔吐の症状が続きます。発熱を伴うこともあります。

 

003

治療

下痢や嘔吐によって体の水分が失われ、脱水症状になることがあります
水分補給をまめにとる事が大切になってきます。
塩分の少し入った水を飲み、安静にしていましょう。

 

だいたい2,3日で治ることが多いですが、なるべく早めの受診を心がけるとよいでしょう。

 

★水分補給、ORS(経口補水液)の作り方

感染した時の対処法

 

感染してしまった時はお腹を刺激しないようにすることが大切です。
胸やお腹を締めつけないように衣類をゆるめたり、ゆったりしたものに着替えるとよいでしょう。
お腹の中にある悪いものを出そうとしているので、吐きやすい姿勢になり、背中をさすってあげるとよいでしょう。

予防方法

004

 

ノロウイルスなどの場合、予防は簡単ではありません
基本的なことをしっかり行うことが大切になってきます。

 

まず、流水・石鹸による手洗いうがいをこまめに行いましょう。
特に下痢気味である場合は、トイレ後の手洗いは厳重に

 

常にマスクを着用し、食事の用意など必要な時は手袋も使用するとよいでしょう。
ノロウイルスなどの流行期に嘔吐物や下痢便を発見した場合は、できる限り処理する以外の人は近づかないようにすることも大切です。
菌に触らない、近づかない、寄せ付けない!ようにしっかりと予防し冬を乗り切りましょう。


スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

知らなかった!産後直後に襲ってくる【後陣痛】ってなに?!

出産後、「後陣痛」というものがあることはご存知でしょうか。

子育てママは気になった!赤ちゃんの基本をリサーチ!!

赤ちゃんが生まれた方、もうすぐ生まれる方、はじめての育児に戸惑っている

産後の体重どうなった?太る人や痩せる人の違いって?!

出産後、ママの身体は大きく変化しています。 そんな中妊娠中に増えた体

産後の生理再開はいつ?生理不順について知りたい!!

産後、いつから生理が再開するのか気になりますよね。 「正直なところ、

産後の基本的な過ごし方とは?

出産という大きな役割を終えた後は、しっかり休んでおく必要があります。

→もっと見る

PAGE TOP ↑