*

幼稚園のママ友あるある!トラブルを事前に知って回避しましょう♪

公開日: : 最終更新日:2016/06/25 生活のヒント


子どもが幼稚園に入ると、それまでの生活とはガラリと変わっていきます。
今まではママ同士のお付き合いも公園や児童館で顔を合わせて挨拶する程度だった方も、幼稚園へ入るとそうはいきません。

幼稚園は環境も特殊で、ママ友のトラブルがとても多い場所でもあります。だからといって、こどもにとってのはじめての集団生活の場であり初等教育でもある幼稚園に入れさせないというのはやりたくないですよね。

幼稚園を避けるのではなく、事前にどんなトラブルが起こりやすいのか知っておき、対処法を把握しておくことが大切です。
スポンサードリンク




■なぜ幼稚園でのママ友トラブルが多いのか、またその解決策

幼稚園へ入るのは子どもなのに、なぜママ友トラブルが多いのでしょうか。答えは、幼稚園という特殊な環境にあります。

保育園や小学校と比べると、幼稚園は園での時間が短いです。14時頃にはお迎えという園が多く、そこから夕方までは公園で遊んだり仲の良いこどもと一緒に遊んだりするパターンが多くなります。

顔を合わせ付き合う時間が長いと、こじれてトラブルになる可能性も高くなってしまいます。


また、基本的に仲が良いのは子どもです。ママ達は性格が合うかどうかも分からないまったくの他人であり、子どもの仲が良くてもママ達の相性は分かりません。

ここで無理をして気の合わない人に合わせた毎日を送るとストレスにもなってしまい、結果トラブルに繋がることもありえるのです。

これも幼稚園の特徴ですが、母親参加のイベントや保護者会の行事がたくさんあります。幼稚園次第ですが週の半分は何かの行事で幼稚園に長時間いるというところもあり、親しくないママ友と一緒にいる時間も長くなります。

最後に、こども同士のケンカが起こりやすい年代という特徴もあります。まだ言葉で感情を伝えることが苦手な子や気持ちの昂ぶりを抑えられない子が多い年頃です。

ケンカがエスカレートし、噛み付いたり引っ掻いたりと怪我をさせてしまい、トラブルの元になる可能性があります。
こうして並べてみるだけでも、ママ友トラブルが幼稚園で多い理由がよく分かりますね。

解決策としては、まず幼稚園選びの段階で自分たち親子に合う幼稚園を探すところからはじめましょう。先程お話した通り、幼稚園は母親参加イベントがとても多い場所です。

家が近いからと空気の合わない幼稚園を選んでしまうと、もちろんそこを調べて入園してきたママさんとはタイプが違うことが多くなります。

逆に自分や子どもがのびのび出来る幼稚園があれば、そこを選んできたママさんや子どもとはやはり馴染みやすいものです。

お付き合いする時間が長くなることは避けられませんので、無理に相手や周囲に合わせた付き合い方をするといずれ疲れてしまいます。

気が合わないと思った相手とは挨拶や軽い会話だけで済ませ、そっと距離を離しましょう。夫の年収や経済状況の話もタブーです。うっかり話してしまったために嫉妬されたり見下されたりというトラブルも実際に起こっています。

子どもが誰かを怪我させてしまった場合は、子どもと一緒に誠意を込めて謝りましょう。たとえケンカの原因が相手にあったところで、怪我をさせてしまった事実は変わりません。

怪我をさせたことはしっかり謝罪し、子どもに「暴力はいけない」ということを伝えなければ教育にもなりません。その上でしっかり子どもの話を聞き、理由があったのなら暴力以外の解決方法を教えていきましょう。

逆に自分の子が怪我をさせられた場合も、感情的になるのはやめましょう。子どもの言い分が事実かどうかは分かりません。

子どものケンカは、大体が些細なことからエスカレートした結果です。相手の謝罪を受け入れ、許す姿勢を忘れないようにしましょう。

■実際に起こったトラブルとその解決方法



では、実際幼稚園でよく起こるトラブルを見ていきたいと思います。

「幼稚園の送迎バスで毎日顔を合わせて仲良くしていたママ友達が突然集団で無視してきました。子どもとも遊ぶなと言われているみたいで、子どももそのママ友の子と遊べなくなってしまって……」


こういうトラブルもよくあります。理由は本当に些細な「ランチのお誘いを断った」「教育方針が合わない」といったものが多く、「突然無視された」との言葉通り無視された側が気づかないようなものが多いそうです。

そんな理由で無視するママさんのほうに大きく問題があるのですが、されたほうはたまったものではありません。

いちいち相手にしているよりはバスを待つ場所を変える、自分で送迎するなど距離を置いたほうが気持ちも楽になります。


こども同士は本来関係なく、親が口を出さなければすぐに忘れてしまえるものです。無理をして修復しようとするのではなく、時間に任せてみましょう。


「幼稚園が終わってからよく一緒にこども同士を遊ばせているママ友がいるのですが、彼女の家は生活リズムがゆっくりめで夕食も遅く、夕方になってもなかなか帰らなかったり家に居座られたりして困ります」


こういう、生活リズムの違いによるトラブルもあります。

自分のスタイルが当たり前になっていて悪気がないことが多いので、まずは遠慮して付き合ってしまうのではなく「うちはみんな早寝だから」「パパが帰ってくるまでに準備したいから」など、さり気なく断りましょう。

感情的になって相手を排除する発言をしてしまうと、今度はあなたが悪者になってしまう可能性もあります。

もし自分の家が夜型で、迷惑をかけているかも……と気になった場合は、一般的な基準は「17時」と見ておきましょう。もちろん「就寝は19時」と普段から聞いているような家庭なら、もっと早く考えたほうが安全です。

お互いに気を遣わずに済むよう、最初に何時まで遊べるのか確認しておくとより安心出来ますね。

■幼稚園のママ友トラブルを回避するために

自分だけならともかく、幼稚園の年代のこどもがいる家庭はそれぞれ守りたい生活リズムがあります。無理をして周囲に合わせてしまうとそれだけでストレスになってしまうことも多いので、まずは無理をせずさり気なく断っていけるようにしましょう。

顔を合わせ一緒に何かをする時間がとても多いのが幼稚園の特徴です。ここでもやっぱり気の合わない人と無理して一緒にいれば、いつかトラブルも起こしやすくなります。

無理をして付き合おうとせず、挨拶や話しかけられた際、また必要なときはしっかり行い、あとは深入りしないようにしておきましょう。

どのグループにも入っていないと心配する必要もありません。むしろひとつのグループに深入りしてしまうとトラブルの元も多くなります。

ママ友から無視されるトラブルにあったら・・・


■さいごに

幼稚園のママ友は、基本的に数年の関係です。同じ小学校に上がって子どもも仲良くし続けていればもっと長くなるかもしれませんが、小学校に上がれば今までと違い母親が関わる行事も減ります。

深く密接なお付き合いをしなければいけないなんてことはまったくありませんので、気楽に構えて適切な距離を保っておくのが一番安全とも言えます。

また、現在はSNSなどで幼稚園のママ友以外にも交友関係を広めやすい時代です。趣味の友達など、全く別の友人関係を持っておくこともオススメします。

育児の相談はできないかもしれませんが、普段と全く違う人間関係があるというのはものすごく気分も楽になりますよ。

基本は「気にし過ぎない」ことです。程よく穏やかなお付き合いができれば何よりですね。


スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

知らなかった!産後直後に襲ってくる【後陣痛】ってなに?!

出産後、「後陣痛」というものがあることはご存知でしょうか。

子育てママは気になった!赤ちゃんの基本をリサーチ!!

赤ちゃんが生まれた方、もうすぐ生まれる方、はじめての育児に戸惑っている

産後の体重どうなった?太る人や痩せる人の違いって?!

出産後、ママの身体は大きく変化しています。 そんな中妊娠中に増えた体

産後の生理再開はいつ?生理不順について知りたい!!

産後、いつから生理が再開するのか気になりますよね。 「正直なところ、

産後の基本的な過ごし方とは?

出産という大きな役割を終えた後は、しっかり休んでおく必要があります。

→もっと見る

PAGE TOP ↑