*

日焼けに効く食べ物ランキング!ベスト3まとめ

公開日: : 最終更新日:2016/04/24 ガールズ


「紫外線対策はしていたけど、やっぱり日焼けしてしまった……」
紫外線の強い季節は、どうしても防ぎきれないこともありますよね。
日焼けしてしまったからと諦めるのはまだ早いです。紫外線を取り込んでしまったのなら、体の中から排除してしまえばいいのです。

日焼けに効く食べ物はたくさんあります。食べることによって日焼けしたダメージをなくす、または和らげることは可能です。
というわけで、日焼けに効く食べ物を調べてみました!
スポンサードリンク




1位 トマト

日焼けに効くランキング1位に輝いたのは、王道のトマトでした。

トマトのリコピンは紫外線により作られた活性酵素を消してくれますし、ビタミンC、ビタミンA、ビタミンEとビタミンも豊富な食べ物です。ビタミンが肌にいいのは、もう周知の事実ですよね。

ビタミンCはメラニンの生成を抑えてくれますし、ビタミンEとの同時摂取がより効果を高めるので、どちらも多く含まれているトマトは非常に優秀な食べ物なのです。

リコピンは加熱すると増えますが、ビタミンは熱や水に弱いのです。ビタミンを多く摂りたいときは生のままをオススメします。
トマトは皮を剥く必要もありませんから、豊富なビタミンをそのまま摂取することが出来ますね。


2位 にんじん

二位は、にんじんでした。にんじんにはβカロチンが多く含まれており、これが日焼けに効果的なのです。また抗酸化作用もあり、取り込んでしまった紫外線による影響を緩和してくれます。老化現象を予防する効果もありますので、光老化を防ぐことも期待出来ます。

にんじんは、普段の料理に取り込みやすいのも強みです。苦手な方もいらっしゃいますが、小さく切るなどして少しずつ取り込んでみてはいかがでしょうか?

3位 ブロッコリー

次にランクインしたのはブロッコリーでした。ブロッコリーにはビタミンCが多く含まれており、ビタミンCがメラニンの過剰な生成を抑えてくれるのです。
ブロッコリーのビタミンCはキャベツの3倍、レモンの2倍もあり、その他ビタミンAやカリウムも含まれている優秀な食べ物です。

加熱する際、長時間茹でてしまうとせっかくのビタミンCを逃がしてしまいます。
長時間茹でる必要はありませんので、調理の際は気をつけてくださいね。

ブロッコリーのゆで時間



■さいごに

上位には入りませんでしたが、その他の日焼けに効く食べ物としてアーモンド、魚介類、緑茶などがありました。
これらの食べ物なら入手しやすいですし、普段の生活にも取り込みやすいですね。

暑い季節などは、どれだけ対策していても日焼けの可能性はあるものです。
日焼けに効く食べ物を効果的に食事に取り込むなど、諦めずに乗り越えていきましょう!


スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

知らなかった!産後直後に襲ってくる【後陣痛】ってなに?!

出産後、「後陣痛」というものがあることはご存知でしょうか。

子育てママは気になった!赤ちゃんの基本をリサーチ!!

赤ちゃんが生まれた方、もうすぐ生まれる方、はじめての育児に戸惑っている

産後の体重どうなった?太る人や痩せる人の違いって?!

出産後、ママの身体は大きく変化しています。 そんな中妊娠中に増えた体

産後の生理再開はいつ?生理不順について知りたい!!

産後、いつから生理が再開するのか気になりますよね。 「正直なところ、

産後の基本的な過ごし方とは?

出産という大きな役割を終えた後は、しっかり休んでおく必要があります。

→もっと見る

PAGE TOP ↑