*

紫外線対策に効果のあるフルーツってなに?!日々の食事にプラス1

公開日: : 最終更新日:2016/04/03 ガールズ


紫外線対策は、肌や目を守るだけでは万全とは言えません。
私たちが普段から口にしている食品、つまり体の中から紫外線を防ぐこともできるのです。

乾燥や疲労から来る肌荒れは、紫外線の影響をより多く受けてしまいます。効果的に紫外線を防ぐためにも、どういった食べ物が紫外線対策にいいのか知っておきたいですね。

今回は様々な食べ物の中でも、フルーツに視点を向けて調べてみました。
スポンサードリンク




■ザクロ

美容にいい、として有名になったこともありましたね。ザクロは、紫外線対策にも優秀なフルーツです。

ザクロは肌の老化対策にも有効で、フルーツの中でもトップクラスの抗酸化物質を含んでいる食材です。抗酸化物質は肌老化を防ぎ、日焼けによって受けたダメージを回復してくれます。

がん細胞を抑制する効果があるとも言われていて、いいことづくめですね。
ただ、入手しにくいのが難点です。ザクロを手に入れにくい場合は、ジュースを探してみるのもいいかもしれません。

【紫外線対策】食事 グッズ メガネ サングラス 紫外線量 日焼け止めランキング


■バナナ



今度はどこででも手に入るフルーツ、バナナです。
バナナはフルーツの中でも多くのビタミンB群、そしてポリフェノールが含まれている食品で、紫外線対策としても優秀なのです。

ビタミンB群は熱にも水にも弱い性質があるのですが、バナナならどちらも必要なく、皮を剥けばすぐに食べられます。抗酸化力も非常に高く、価格も安い、すぐに食べられる、と利点ばかりですね。

■スイカ



スイカにはビタミンA、リコピン、ビタミンCが豊富に含まれています。
ビタミンAは新陳代謝を促して肌の健康を守ってくれますし、リコピンは紫外線により生まれた活性酵素を取り除いてくれます。

そしてビタミンCはしみ、しわの予防に効果がある成分として有名ですよね。

ミネラルも豊富なので熱中症対策にも効果があり、暑い季節に食べるフルーツとしてとても優秀なのです。
旬な季節のフルーツを食べ、紫外線対策もできるなんて嬉しいですね。

■さいごに

紫外線対策として優秀なフルーツを調べていましたが、逆に日焼けしやすくなる、つまり紫外線の影響を受けやすくするフルーツも存在することが分かりました。

レモン、オレンジなどの柑橘系やキウイフルーツに含まれるソラレンという成分は、紫外線に過敏に反応してメラニン細胞を刺激してしまい、刺激されたメラニンがより多く分泌されてしまいます。

「じゃあ夏に柑橘系を食べないほうがいいの?」と不安に思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなことはありません。フルーツにはビタミンが豊富に含まれており、食べないほうがいいということはありません。食べる時間を調節すればいいのです。

具体的には、摂取後2~5時間あたりが一番紫外線の影響を受けやすくなっているそうです。

朝にフルーツを食べる際は紫外線対策に優秀なザクロ、バナナなどにして、体の中からもしっかり紫外線対策をしていきましょう!


スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

知らなかった!産後直後に襲ってくる【後陣痛】ってなに?!

出産後、「後陣痛」というものがあることはご存知でしょうか。

子育てママは気になった!赤ちゃんの基本をリサーチ!!

赤ちゃんが生まれた方、もうすぐ生まれる方、はじめての育児に戸惑っている

産後の体重どうなった?太る人や痩せる人の違いって?!

出産後、ママの身体は大きく変化しています。 そんな中妊娠中に増えた体

産後の生理再開はいつ?生理不順について知りたい!!

産後、いつから生理が再開するのか気になりますよね。 「正直なところ、

産後の基本的な過ごし方とは?

出産という大きな役割を終えた後は、しっかり休んでおく必要があります。

→もっと見る

PAGE TOP ↑