*

紫外線対策メガネのUVカット率○○%か知ってますか?!

公開日: : 最終更新日:2016/05/11 ガールズ


紫外線対策、と一言で表しても様々なアイテムがあります。
ありすぎて、むしろどれがいいのか悩むことがありませんか?
無意識に浴びている紫外線に早めの対策でシミ・しわなど、お肌をカバーしていきましょう!

というわけで今回は紫外線対策アイテムについて色々調べてみました。

スポンサードリンク


■目に入る紫外線を直接防げる! サングラス

紫外線は、肌だけではなく目にも悪影響を及ぼします。
目にはある程度防ぐ力があるのですが、日中ずっと外にいる場合などはサングラスなどの対策が必要です。

サングラスで対策をしている方も多いと思いますが間違いやすいのがレンズの濃さで選んでしまうことです。
濃さではUVカットの性能は変わりません。UVカット加工のサングラスを選ぶことが重要です。

むしろUVカット加工していない濃い色のレンズを選んでしまうと、視界が暗くなり瞳孔が開いた状態で紫外線を取り込んでしまう危険性があります。

サングラスは雑貨屋さんから100円ショップまで幅広く売られていますが、性能の良いものを買いたい場合は、やっぱり眼鏡屋さんが一番です。
店員さんに相談に乗ってもらい、自分に合ったサングラスを選びましょう。

UVカット機能付きメガネ・サングラスは約90%目を守ることが出来ます。

■紫外線を防ぐためのアイテム


暑くなってくると、様々な日よけアイテムが登場します。
紫外線は太陽光に含まれているのですから、日よけは十分な効果があります。

だからと言って、開放的なお天気の日に分厚いカーテンなどを閉めて日よけを、というのは寂しいですよね。
窓ガラス用のUVカットアイテムなら、ガラスにUVカット加工をするものから、フィルムを貼ったり表面に塗りこむものなどたくさんあります。

レースのカーテンにUVカットが組み込まれているものもありますので、それをあわせれば日光を取り込みつつ紫外線対策が出来ます。

車はカーテンをつけるわけにもいかない、実は日焼けしやすい場所です。
運転中あまり身動きが取れない上に、同じ方向からの日光を長時間浴びやすいという条件が揃っているんですね。
フロントガラスにUVカット対策をするだけでも、全然変わりますよ。

カーフィルムの紫外線カット効果の測定。(ヴェルファイア)


■もっと手軽に! 小物など


次に、普段からできる小物などの紫外線対策アイテムの紹介です。
帽子、サンバイザーは手が空くのでオススメです。つばの広い、UVカット対応(紫外線防止加工)の帽子を選びましょう。

UVカット機能付き帽子は約20%守ることが出来ます。

暑い季節にパーカーなどがつらい! という方にはロング手袋をオススメします。
日の当たる場所に出るときだけ手袋で紫外線をカットし、普段は薄着でいられます。手袋なのでかさばらないのもいいですね。

白は紫外線を通すので黒色のものを選ぶようにしましょう。

UVカットの手袋やパーカーじゃまだ不安だ、という方には、UVカットスプレーというものもあります。
服などにスプレーするだけでUVカットの効果を得られます。

日傘は紫外線以外に暑さ対策にもなりますね。こちらも黒色をおすすめします!

日焼け止めクリームは汗などで落ちてしまうので、こまめに塗りなおしましょう。

■さいごに

いかがでしたか?
サングラスも帽子も、様々な色や種類があります。せっかく対策するのですから、自分の好みに合ああわせたアイテムを選んで楽しく過ごしたいですね。
また、ご自宅や車の窓からも紫外線を浴びているので対策出来ることからカバーしていくことをおすすめ致します。


スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

知らなかった!産後直後に襲ってくる【後陣痛】ってなに?!

出産後、「後陣痛」というものがあることはご存知でしょうか。

子育てママは気になった!赤ちゃんの基本をリサーチ!!

赤ちゃんが生まれた方、もうすぐ生まれる方、はじめての育児に戸惑っている

産後の体重どうなった?太る人や痩せる人の違いって?!

出産後、ママの身体は大きく変化しています。 そんな中妊娠中に増えた体

産後の生理再開はいつ?生理不順について知りたい!!

産後、いつから生理が再開するのか気になりますよね。 「正直なところ、

産後の基本的な過ごし方とは?

出産という大きな役割を終えた後は、しっかり休んでおく必要があります。

→もっと見る

PAGE TOP ↑