*

箕面の名物?!紅葉の天ぷらって何???

公開日: : 最終更新日:2016/08/04 おでかけ,グルメ, 紅葉


紅葉といえばもみじ。紅葉といえば真っ赤に彩るあの美しさですよね。
あのもみじを天ぷらにして売っている場所があるというのを知っていますか?

 

その場所とは大阪屈指の紅葉の名所箕面です。
もみじを天ぷらにしたらどんな感じになるのでしょう?大葉の天ぷらみたいな感でしょうか?全くちがいます

 

ではどんな食べ物なのか、味はどうなのかお伝えしたいと思います。
スポンサードリンク




もみじ天ぷらとは(由来・歴史)

有限会社久國紅仙堂がつくる箕面名物“もみじ天ぷら”
その歴史は、1300年前、修験道場であったこの箕面山(大阪府)で修行をしていた役の行者が旅人に振る舞ったのが始まりです。

 

きっと、心優しい業者が滝に映えるもみじの美しさをなんとか多くの人にどの季節でも味わってもらいたいと考えたのでしょうね。
ちなみに、もみじ天ぷらは灯明の油(菜種油)で揚げています
001

どんな食べ物?

もみじ天ぷらとはどんな食べ物なのでしょうか。
もみじ天ぷらはその名の通り紅葉の葉を天ぷらにしたものです。
原材料には、紅葉の葉・小麦粉・砂糖・ゴマだけを使った完全無添加のお菓子です。
保存料等も一切使用しないため、昔ながらの体に優しいお菓子になります。

 

その仕込みには驚くべき真実があります。
それはなんと紅葉の葉は一年もかけて丁寧に塩漬けされ作られているということ。
愛情たっぷりのお菓子なのですね。だから長い時を経て親しまれているわけです。
002

味は?

ただ、「天ぷら」といってもサクサクのあの天ぷらとはイメージがだいぶ違います。
原材料から想像してもわかるようにかりんとうのようにやさしい甘さと香ばしさが特長の懐かしい味です。

 

どことなくおばあちゃんのお菓子から想像されるイメージに近いかもしれません。
長年愛されてきた理由がその見た目の美しさと、もみじの天ぷらという希少性だけではなく、そのやみつきになる味にもあるのだと思います。
003

アクセス情報

久國紅仙堂のお店は阪急箕面駅から直ぐ、滝道ルートに入って直ぐの左手にあります。
もみじ天ぷらがお店の外でも売られていますので見つけやすいと思います。

 

また、箕面へのルートは整備されており、関西各方面から割とアクセスしやすくなっています。
電車で行かれる場合、神戸、京都、奈良のいずれからも1時間から1時間30分で阪急箕面駅まで行くことができます。

 

お車の場合も一般道、高速道ともに整備されていますので概ね電車と同程度の時間で箕面まで行くことができます。
004

まとめ

千年以上前から愛され続けてきた食べ物なんてすごいですよね。

 


 

箕面にお立ち寄りの際はぜひもみじの天ぷらをご賞味くださいね。
そして食べられる時は味だけではなくその見た目の美しさもぜひ味わってください。


スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

知らなかった!産後直後に襲ってくる【後陣痛】ってなに?!

出産後、「後陣痛」というものがあることはご存知でしょうか。

子育てママは気になった!赤ちゃんの基本をリサーチ!!

赤ちゃんが生まれた方、もうすぐ生まれる方、はじめての育児に戸惑っている

産後の体重どうなった?太る人や痩せる人の違いって?!

出産後、ママの身体は大きく変化しています。 そんな中妊娠中に増えた体

産後の生理再開はいつ?生理不順について知りたい!!

産後、いつから生理が再開するのか気になりますよね。 「正直なところ、

産後の基本的な過ごし方とは?

出産という大きな役割を終えた後は、しっかり休んでおく必要があります。

→もっと見る

PAGE TOP ↑