*

学校で使う裁縫セットってどんなもの?準備する時期や金額を知りたい!

公開日: : 最終更新日:2016/02/01 子供グッズ


小学生に入学するお子さまがいる家庭なら、いずれ必要になる「裁縫セット」

「そもそも、裁縫セットってなに?」
「値段はどれくらい?」
「いつ頃までに用意したらいいの?」

などなど不安に思っている方、ご安心ください。
この記事では、「裁縫セット」を初めて購入される方のそんな疑問・不安をまとめて解消します。
スポンサードリンク




1、裁縫セットってなに?

裁縫セットとはその名のとおり、針や糸などの裁縫に必要な物が一式入っている道具箱です。ソーイングセットと呼ぶ場合もあります。
小学生の教材だけではなく、一般家庭などで使われるものも総じて裁縫セットと呼んでいます。

裁縫セットの主な中身は、縫い針、まち針、ピンクッション、折れ針入れ、指ぬき、糸通し、手縫い用の糸、糸切はさみ、裁ちばさみ、チャコペン(布に印をつけるためのもの)などで、もっと本格的なものになるとミシン糸やボビン、ゴム通し、ルレット、リッパー、物差しやメジャーなどの道具も入ります。


2、小学生が使う「裁縫セット」にはどんなものがある?

小学生が使う裁縫セットの特徴としては、まず「デザインのバリエーションの豊富さ」があげられるでしょう。

シンプルなデザインはもちろん、人気のアニメ・漫画やゲームのキャラクター物まであります。
また、最近ではプラスチックの箱型ではなく、布製のバッグ型のものも増えています。

カタログを一見しただけでは「えっ、本当にこれが裁縫セットなの?」と思ってしまうほどおしゃれで、様々なデザインの商品ばかりが並んでおり、選択肢が非常に多く用意されています。

[新学社の裁縫セット]ポップンポーチシリーズのご紹介


3、お値段はどれくらい?

値段は制作会社や販売店によって異なってきますが、平均は3,000~5,000円くらいです。
デザインに人気のキャラクターが使われていたり、ブランドメーカーとのコラボデザインだったりする場合は値段も高めになります。


4、いつ用意すればいい?

裁縫セットを使うのは「家庭科」です。家庭科の授業は小学校の高学年(5~6年生)で始まります。
授業が始まる前には、学校から「裁縫道具をそろえてください」という旨の通知が来るかと思います。

用意を始めるタイミングは「この通知が来たとき」です。

なぜなら、この通知には必要な道具の種類が細かく併記されていたり、お得な購入案内がついていたりするからです。

通知が来る前に用意を始めると、お得情報を逃すだけでなく、必要な道具を買い漏らしてしまったり、逆に不要なものを購入してしまったりする可能性があります。
必ず、通知の内容を確認してから動きましょう。


スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

知らなかった!産後直後に襲ってくる【後陣痛】ってなに?!

出産後、「後陣痛」というものがあることはご存知でしょうか。

子育てママは気になった!赤ちゃんの基本をリサーチ!!

赤ちゃんが生まれた方、もうすぐ生まれる方、はじめての育児に戸惑っている

産後の体重どうなった?太る人や痩せる人の違いって?!

出産後、ママの身体は大きく変化しています。 そんな中妊娠中に増えた体

産後の生理再開はいつ?生理不順について知りたい!!

産後、いつから生理が再開するのか気になりますよね。 「正直なところ、

産後の基本的な過ごし方とは?

出産という大きな役割を終えた後は、しっかり休んでおく必要があります。

→もっと見る

PAGE TOP ↑