*

犬が黄色い液体を吐いた!大丈夫?!

公開日: : 最終更新日:2016/01/29 ペット


愛犬が嘔吐してしまったらどうすればいいのか慌ててしまいますよね。でも実は犬って比較的よく吐く生き物なのです。しかし『嘔吐』と一口に言っても一過性のものと病気からくるものがあります。今回は『嘔吐』の中でもよく見られる黄色い液体を吐いてしまったときのことをご紹介したいと思います!

スポンサードリンク


1.嘔吐の基礎知識

『嘔吐』と呼ばれているものでも実は嘔吐じゃない場合もあります。例えば嘔吐物が未消化の場合、これは嘔吐ではなく『吐き戻し』という行為です。犬は胃がムカムカしている時など、草などを食べて吐いています。また食べたけど喉や食道などに違和感がある場合も吐き出します。これが吐き戻しです。

 

母犬が仔犬に吐き戻して食べさせるなんてこともよく見る光景なのです。実際に『嘔吐』と呼ばれるものは嘔吐物が消化されている状態のものを吐くことを指します。

 

また嘔吐した場合は何らかの病気を疑うこともありますが、嘔吐自体は病名でなく症状を言います。嘔吐には精神的なもの一過性で問題ない場合もたくさんありますが、恐ろしい病気が関係していたり、命に関わる場合もあります。また誤飲や食物アレルギー、食中毒などの場合もあるので、元気がなければ病院で診てもらった方がいいでしょう。

 

犬が中毒を起こす食べ物です。ご参考に!
犬が食べてはいけない食べ物&危険な食べ物リスト

 


 

【ペットの食事・栄養学セミナー】犬と猫に危険な食べ物?その1の紹介

 


2.黄色い液体とは?吐く原因と対処法

嘔吐でもよく見られるのが黄色い液体です。これは人間と同じで『胃液』である可能性が非常に高いです。人間に比べて犬は胃酸が多いので、お腹がすいている状態が続くと胃酸が逆流して胃液を吐いてしまいます。胃液といっしょに白い泡が混じっていることもありますが、これは『胆汁』だと考えられます。

 

空腹により胃液を吐いてしまっても元気にしていてごはんをガツガツ食べることがほとんどですので、すぐに病院へ連れて行くほどではないでしょう。ただ何度も繰り返し吐いてしまう場合は病院へ連れて行って下さい。対処法としてはごはんを小分けにしてあげて、空腹の時間を短くしてあげることです。

 

それから病院で診てもらった方がいい場合は持病がある場合です。病気によるものや、飲んでいるお薬でそういった症状が出ている場合もあるからです。

 

3.まとめ

犬の吐くという行動には問題ない場合危険な場合とあります。その見分けが肝心です。黄色い液体の場合は胃液で空腹が原因の場合が多いのですが、吐いてしまった後の愛犬の様子をよく見て、繰り返し吐いてしまう場合や元気がなければ病院へ連れて行きましょう!


スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

知らなかった!産後直後に襲ってくる【後陣痛】ってなに?!

出産後、「後陣痛」というものがあることはご存知でしょうか。

子育てママは気になった!赤ちゃんの基本をリサーチ!!

赤ちゃんが生まれた方、もうすぐ生まれる方、はじめての育児に戸惑っている

産後の体重どうなった?太る人や痩せる人の違いって?!

出産後、ママの身体は大きく変化しています。 そんな中妊娠中に増えた体

産後の生理再開はいつ?生理不順について知りたい!!

産後、いつから生理が再開するのか気になりますよね。 「正直なところ、

産後の基本的な過ごし方とは?

出産という大きな役割を終えた後は、しっかり休んでおく必要があります。

→もっと見る

PAGE TOP ↑