*

バレンタインデーなのでチョコのルーツを調べてみたら、実は美容や健康に効果があった?!

公開日: : 最終更新日:2016/02/13 バレンタイン


2月14日はバレンタインデー。
女性から男性へ、チョコレートやお菓子に想いをのせて渡す特別な日ですね。
街にはチョコレートが所狭しと並べられ、甘い匂いに包まれます。
甘いチョコレートに、甘い言葉を添えて、愛と感謝を伝えましょう。

「バレンタインデーにはチョコレート」のルーツ

日本では、バレンタインデーは女性から男性へ愛の贈り物として、チョコレートを贈る習慣がありますが、現在の形のバレンタインデーの始まりは、昭和30年代、メリーチョコレート会社が新宿・伊勢丹の売り場に「バレンタインセール」と手書きの看板を出したことに始まります。

 

しかし、まだバレンタインデーというイベントは定着していなかったので、3日間で売れたのは30円の板チョコ5枚と4円のカード5枚だけ。
翌年からは「女性から男性へ」という文句を作り、ハート型チョコを作り、バレンタインデーそのものが浸透していきました。
秘めた恋心を伝えたくても伝えられなかった女性たちが、この日、チョコに託して、想いを伝えていったのでしょうね。

 

001

 

昭和40年代末から50年代にかけては、製菓会社がこぞって、女性のこころを捉えたチョコレートを売り出し、徐々に盛り上がり、今のように盛んなイベントになったと考えられます。

 

現在では、女性から男性へと贈る本命チョコや義理チョコ、女性から女性へと贈る友チョコ、男性から女性へと贈る逆チョコなど、当初の形から変化してきていますね。
これからも本来の愛を伝える日の意味は変えず形態や贈るものを変えて続いていくのでしょうね。

実はチョコレートは健康にも美容にも良い

002

 

チョコレートは「甘いお菓子」ですが、元々はカカオ豆をすりつぶした飲み物で「薬」だったのだそうです。

 

原料であるカカオ豆にはカルシウム、鉄分、マグネシウム、亜鉛、カカオポリフェノールなどのミネラルがバランスよく含まれていて、1日に少なくともビターチョコレート(1~2かけら程度)又はココア一杯(純ココアで約5~10g程度)を毎日続けることがよいと、生活習慣病の改善の報告もあるそうです。

 

実は栄養価が高いチョコレートやココアですが、砂糖が多く使われているため、当たり前ですが、食べ過ぎはよくありません。
バレンタインデーでチョコレートのたくさん入った詰め合わせをあげるよりも、高級感のある少な目のものを贈るのも相手の健康のためになるのかもしれませんね。

チョコレートの種類

チョコレートを使ったお菓子といえども、種類は豊富にあります。
バレンタインデーの特設コーナーでも迷ってしまいますよね。
そんな方に、チョコレートの種類をここに記しますね。
動画も見つけましたので、参考にしてみてくださいね。

 

バレンタインにあげたい・食べたい人気チョコレート11種

 

・板チョコ・・・チョコレートを板状にしたもの
シェルチョコレート・・・チョコレートの型(シェル)にクリーム、ジャム、ナッツ類、フルーツ類 etc…を流し込み更にチョコレートで密封したチョコレートのこと。
・エンローバーチョコレート・・・ビスケットやウエハーの一部、または全体をチョコで被ったもの
・ホローチョコレート・・・中が空洞になっているチョコレートのこと。中に人形や模型がはいっているものもあります。
・パンワークチョコレート・・・ナッツ、キャンディーなどの小粒なものにチョコレートをコーティングしたもの。
・チョコレートスナック・・・ビスケットやスナックとチョコレートを組み合わせたもの
・ボンボン・・・一口サイズのチョコレートの総称。フランスではボンボン オ ショコラ、ドイツ・スイス(独語圏)ではプラリネと呼ばれています。
・ロシェ・・・ロシェとは仏語で岩を意味します。アーモンドやナッツなどで岩のごつごつ感をだしたチョコレートのこと。
・ケーク オ ショコラ・・・イギリス生まれのチョコレートのパウンドケーキのこと。
・トリュフ・・・トリュフを形どったチョコレートのこと。
・オランジェット・・・砂糖に漬けた細切りのオレンジピールにチョコレートをコーティングしたもの。

 

数え上げたらキリがないほど、たくさんあるチョコレートのお菓子の種類。
渡す人のことを想って、選んでみてくださいね。

終わりに

チョコレートに想いを託すのは日本だけ。
日本独自に進化したバレンタインデーはこれからも少しずつ変化しながら、続いていくのでしょうね。
甘いチョコレートにたくさんの愛の言葉を添えて贈ってくださいね。


スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

知らなかった!産後直後に襲ってくる【後陣痛】ってなに?!

出産後、「後陣痛」というものがあることはご存知でしょうか。

子育てママは気になった!赤ちゃんの基本をリサーチ!!

赤ちゃんが生まれた方、もうすぐ生まれる方、はじめての育児に戸惑っている

産後の体重どうなった?太る人や痩せる人の違いって?!

出産後、ママの身体は大きく変化しています。 そんな中妊娠中に増えた体

産後の生理再開はいつ?生理不順について知りたい!!

産後、いつから生理が再開するのか気になりますよね。 「正直なところ、

産後の基本的な過ごし方とは?

出産という大きな役割を終えた後は、しっかり休んでおく必要があります。

→もっと見る

PAGE TOP ↑