*

おせち料理の叩きゴボウレシピ!定番・簡単・裏技3大レシピ紹介

公開日: : 最終更新日:2016/02/11 お正月, レシピ


叩きゴボウは、「祝い肴」と呼ばれるおせち料理に必須の品のひとつです。おもに関西地方でよく食べられているので、関東では知らない方が多いかもしれませんね。

 

細く長いゴボウは長寿の象徴。食物繊維たっぷりで、お正月のごちそうに疲れた腸を洗い流してきれいにするデトックスの効果もあります。暴飲暴食になりがちなこの時期に、積極的に摂りたい食材です。
そのままではくせがあって少し食べにくいのですが、繊維を壊して味をしみやすくした叩きゴボウなら、おいしく摂ることができます。

 

スポンサードリンク


定番レシピ

  1. 平たくて大きな鍋を用意します。
  2. ゴボウはたわしでよく洗って鍋の大きさに合わせて切り、米のとぎ汁といっしょに鍋に入れて下ゆでします。竹串をさしてみて、すっと通るぐらいまでやわらかくなったら、取りだして水にさらしておきます
  3. ごま酢を作ります。いりごまをすり鉢に入れてよくすり、砂糖大さじ1、酢大さじ1、しょうゆ大さじ2を加えてさらによく混ぜます。
  4. ゴボウを洗って水気をふきとり、まな板の上に置いてすりこぎで軽く叩きます。叩いたあと、食べやすい大きさに切ります。大きすぎる部分があったら縦に割ると食べやすく、味もしみやすくなります。
  5. 適当な大きさになったゴボウを先ほど作っておいたごま酢とあえて、できあがりです。

簡単レシピ

先程はゴボウを長いまま茹であとから切る方法をご紹介しましたが、最初からゴボウを食べやすい大きさ(4~5センチ程度)に切って縦に四つ割りぐらいにしておけば、ゆでただけですぐ使えます。あえる際にすり鉢にゴボウを入れ、つき砕くようにして繊維を壊すと味がよりしみやすくなります

 

また、ごま酢を作るのにおいしくできる自信がない、あるいは自宅にすり鉢がない、という方は、サラダ風にできあがる簡単なドレッシングを作ってみましょう。ゴボウ1本に対して大さじ5のマヨネーズ、しょうゆ小さじ1、塩少々、すりごまを適宜加えてよく混ぜ、あえるだけでできあがりです。レモン汁で酸味を加えると、いっそうさっぱりした味わいになります。

裏技レシピ

ごま酢に飽きてしまったときは、一手間加えたオリジナルの味付けでゴボウをおいしくしましょう。たとえば、ごま油と塩少々を加えるとナムル風の味になります。ほかにもマヨネーズ+カレー粉を加えて洋風にする、大葉など香りのよい野菜をプラスしてみる、酢を梅酢に変えてみるなど、ちょっとしたアレンジで新しい味になります。

 

20151211_03

 

ゴボウの独特の苦み「タンニン」には抗菌・消炎効果があることが昔から知られています。またコレステロールを下げる効果もあるといわれ、近年注目の健康野菜です。叩きゴボウで、おいしく年末の胃腸をいたわってあげましょう。


スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

知らなかった!産後直後に襲ってくる【後陣痛】ってなに?!

出産後、「後陣痛」というものがあることはご存知でしょうか。

子育てママは気になった!赤ちゃんの基本をリサーチ!!

赤ちゃんが生まれた方、もうすぐ生まれる方、はじめての育児に戸惑っている

産後の体重どうなった?太る人や痩せる人の違いって?!

出産後、ママの身体は大きく変化しています。 そんな中妊娠中に増えた体

産後の生理再開はいつ?生理不順について知りたい!!

産後、いつから生理が再開するのか気になりますよね。 「正直なところ、

産後の基本的な過ごし方とは?

出産という大きな役割を終えた後は、しっかり休んでおく必要があります。

→もっと見る

PAGE TOP ↑