*

おせち料理のくわいレシピ!定番・簡単・裏技3大レシピ紹介

公開日: : 最終更新日:2016/02/23 お正月, レシピ


形も可愛らしい、くわいの使い方をマスターしましょう

くわい、と聞いて首をかしげる方もいるのではないでしょうか。お正月以外はあまりお目にかからない、珍しい野菜です。くわいはオモダカという水生多年草の仲間ですが、欧米ではもっぱら観賞用とされていて、食用にするのは日本と中国だけだそうです。
中でも日本ではおせち料理の重要な食材として知られ、芽が飛び出した独特の形から、「よい芽が出る」ということで、出世や学業成就のシンボルとされています。

 

スポンサードリンク


定番レシピ

  1. くわいはおしりの方を少し切り落とし、そこから芽の方へ向かって皮をむいていきます。六方むきといって、全体を六等分にしたむき方が理想です。バランスをみて、くわいの側面にきれいな三角形が六個並ぶ感じにします。芽の直前まできれいに皮をむきますが、ここでうっかり芽を切り落としてしまわないように、くれぐれも注意してください。芽は適当な長さで切ります。このとき、芽を斜めに切ると見た目がきれいになります。
  2. 皮をむいたくわいは、米のとぎ汁で下ゆでして水にさらしておきます。
  3. だし汁に砂糖、酒、塩で味付けして煮立てます。きれいな色に仕上げるため、しょうゆなど濃い色のものは使いません
  4. 煮汁にくわいを入れ、煮ていきますが、このときも丁寧に扱い、芽を折ってしまわないように気をつけます。弱火で15分から20分ほど煮含めればできあがりです。

簡単レシピ

独特な形に意味があるくわいですが、家庭で作る場合には、火が通りやすいように半分に切ることもおすすめです。芽も含め縦半分に切って、切り口を下に盛りつければ見栄えも丸のままと変わらず、丸のままよりも早く味がしみてくれます。

 

20151207-05

裏技レシピ

ここでは、「鈴むき」と呼ばれるくわいの飾り切りの技をご紹介します。

 

くわいで鈴の形を作るには、まず、全体の形をイメージしながら、薄く皮をむいていきます。真ん中に横一本線下半分にふたつの大きな穴それをつなぐ線、といったイメージです。横一本線は、真横に横切る線を2本引き、上と下からそれぞれ線までくわいを削って作ります。下半分は、向い合せになるように丸い穴をくりぬき、その穴をつなぐような形で2本線を引き、間を削って切り込みに見せます。

 

難しい細工ですが、マスターできれば驚かれること請け合い。おせち料理の出来栄えもずいぶん違ってきます。

 


まとめ

くわいの含め煮をご紹介しました。くわいは普段あまり目にすることのない食材ですが、料理法はそんなに難しくありません。おめでたいくわいの含め煮、今年はぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。


スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

知らなかった!産後直後に襲ってくる【後陣痛】ってなに?!

出産後、「後陣痛」というものがあることはご存知でしょうか。

子育てママは気になった!赤ちゃんの基本をリサーチ!!

赤ちゃんが生まれた方、もうすぐ生まれる方、はじめての育児に戸惑っている

産後の体重どうなった?太る人や痩せる人の違いって?!

出産後、ママの身体は大きく変化しています。 そんな中妊娠中に増えた体

産後の生理再開はいつ?生理不順について知りたい!!

産後、いつから生理が再開するのか気になりますよね。 「正直なところ、

産後の基本的な過ごし方とは?

出産という大きな役割を終えた後は、しっかり休んでおく必要があります。

→もっと見る

PAGE TOP ↑