*

おせち料理のきんとんレシピ!定番・簡単・裏技3大レシピ紹介

公開日: : 最終更新日:2016/02/23 お正月, レシピ


大人も子どもも大好きな、甘いきんとんを手作りしましょう

おせち料理につきものの甘い栗きんとん。おせちの中でも人気の高い具材です。子どもの頃、栗きんとんを楽しみにしていた方も多いのではないでしょうか。

 

きんとんの主原料はさつま芋です。おめでたい黄金色のあんは、クチナシの実で色を出したもの。美しく仕上げるためには、ちょっとした手間が必要になります。

 

スポンサードリンク


定番レシピ

  1. 材料として、さつま芋と栗の甘露煮を用意します。甘露煮は、栗とシロップを分けておきます。さつま芋は、3センチぐらいの輪切りにして厚めに皮をむき、水にさらします。
  2. くちなしの実を軽くつぶしてガーゼに包み、中身が出ないように糸で結びます。
  3. 鍋に水を入れ、さつま芋とくちなしの実を入れてやわらかくなるまでゆでます。竹串を刺してみて、すっと通るぐらいになったら取り出して裏ごしします。
  4. ガーゼやさらしなどの生地を袋状にして、裏ごししたさつま芋を入れ、流水にさらしながらよくもんで、くさみやにごりを洗い流します。この一手間で、あんがすっきりきれいに仕上がります。
  5. きっちりと絞ったら、味付けです。鍋にさつま芋と砂糖、栗の甘露煮のシロップ、みりん、塩を入れて、弱火で加熱しながら練り上げます。つやが出てきたら栗を加えて出来上がりです。

簡単レシピ

20151207-01簡単に作るのなら、フードプロセッサーが便利です。さつま芋をゆでるところまでは同じですが、ゆであがったら、ゆで汁少々と芋をフードプロセッサーにかけて一気につぶし、さらに砂糖とシロップも加えてかくはんします。それを鍋に移してみりんを加え、あとは同様に作ります。
できあがったきんとんは市販のものよりも粘り気が少なく、少しポソッとしてつやのない感じになりますが、家庭的な優しい味を出すことができます。

裏技レシピ

きんとんといえば栗きんとんが普通ですが、優しい甘さのさつま芋のあんはいろんなフルーツと相性がよく、意外なものと組み合わせることで新しい味を楽しむことができます。たとえば、パイナップル。栗のかわりに缶詰のパイナップルを使い、シロップも缶汁をそのまま使います。ポイントは甘さを少し控えめにすること。レモン汁など、酸味を加えるとさらにさわやかな味になります。甘く煮たりんごや、オレンジでも同様に作れます。
20151207-02

まとめ

きれいな色の栗きんとんは、おせち料理に欠かせないものです。購入するものと思っている方も多いと思いますが、実は意外に簡単に作ることができます。自分で作れば甘さの調節も自由にできて、健康づくりにも一役買ってくれます。


スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

知らなかった!産後直後に襲ってくる【後陣痛】ってなに?!

出産後、「後陣痛」というものがあることはご存知でしょうか。

子育てママは気になった!赤ちゃんの基本をリサーチ!!

赤ちゃんが生まれた方、もうすぐ生まれる方、はじめての育児に戸惑っている

産後の体重どうなった?太る人や痩せる人の違いって?!

出産後、ママの身体は大きく変化しています。 そんな中妊娠中に増えた体

産後の生理再開はいつ?生理不順について知りたい!!

産後、いつから生理が再開するのか気になりますよね。 「正直なところ、

産後の基本的な過ごし方とは?

出産という大きな役割を終えた後は、しっかり休んでおく必要があります。

→もっと見る

PAGE TOP ↑