*

おせち料理のかまぼこレシピ!定番・簡単・裏技3大レシピ紹介

公開日: : 最終更新日:2016/02/23 お正月, レシピ


かまぼこの飾り切りで、お正月の食卓を華やかに

お正月に限らず、かまぼこは日常の食卓にも頻繁に登場する身近な具材です。それだけに、かまぼこをお正月らしく華やかに見せるのは難しいこと。切ってそのまま並べてもきれいですが、いまひとつお祝いの席では寂しいような気になります。そこで、ちょっとした技を使ってみましょう。切り方ひとつでかまぼこを大変身させる技をいくつかご紹介します。

 

スポンサードリンク


定番飾り方

かまぼこをお皿に盛る際、一般的なのは側面がピンク色のかまぼこと白いかまぼことを交互に並べる盛り方です。これをイメージした簡単な飾り切りが、背がピンク色のかまぼこを使った「市松」です。
  1. かまぼこは少し厚めにスライスします。
  2. まず、縦に半分にするように切り込みを入れます。背のピンク色の部分だけを切るようにしましょう。
  3. 次に、横に切り込みを入れていきます。小さな正方形をたくさん作るようなイメージです。
  4. 切り終わったら、白とピンクの部分が市松模様になるように、交互に四角いピンクの部分をそぎ取っていきます。
ちなみに、かまぼこを板からはずすときは、包丁の背を使いましょう。途中で斜めになることなく、きれいにはずれます。

 

20151206-05

 

もうひとつ、定番の飾り切りをご紹介します。

 

こんにゃくの煮しめを作るとき、こんにゃくに縦に切り目を入れて「手綱こんにゃく」を作りますが、その要領でかまぼこに模様を作ります。
  1. まず、スライスしたかまぼこの背の部分に、ピンク色の部分に沿って包丁を入れます。切り離さず、端の部分は残します。
  2. 縦に一本切れ目を入れ、端を切り込みに入れ込むようにくるりと返せば、出来上がりです。
簡単飾り切り

 


裏技飾り切り

手をかけず、とても簡単な手順で可愛らしい形を作れる切り方があります。
  1. まず、前項の手綱を作る要領で、かまぼこの背の部分を薄くそぎます。端は残しておきます。
  2. そいだ部分を内側に折り込むようにして、残した端の部分に押し込みます。
  3. これで可愛いうさぎの形ができあがり。ピンク色の部分を少し切り取るか、ほかの飾り切りで切り落とした部分を利用して目を作り、側面に貼り付けます。
使うかまぼこはピンクでも白でも可愛くできます。そのまま並べても可愛らしいものですが、お雑煮やお吸い物に浮かべてもきれいです。

まとめ

いつものかまぼこが特別な料理になる技をご紹介しました。普段はスライスするだけのかまぼこにちょっと一手間かけて、飾り切りに凝ってみるのも楽しいものです。家族みんなで、楽しみながら切るのもいいですね。


スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

知らなかった!産後直後に襲ってくる【後陣痛】ってなに?!

出産後、「後陣痛」というものがあることはご存知でしょうか。

子育てママは気になった!赤ちゃんの基本をリサーチ!!

赤ちゃんが生まれた方、もうすぐ生まれる方、はじめての育児に戸惑っている

産後の体重どうなった?太る人や痩せる人の違いって?!

出産後、ママの身体は大きく変化しています。 そんな中妊娠中に増えた体

産後の生理再開はいつ?生理不順について知りたい!!

産後、いつから生理が再開するのか気になりますよね。 「正直なところ、

産後の基本的な過ごし方とは?

出産という大きな役割を終えた後は、しっかり休んでおく必要があります。

→もっと見る

PAGE TOP ↑